院長メッセージ

院長からのメッセージ

世の中の大半の方々は私達、矯正歯科医は、悪い歯並びを治す事が仕事であると思われているようです。
 しかし、いくら綺麗な歯並びでも上手く噛めなかったり、歯が前に出すぎていて口を閉じることができなかったり、笑うと上の歯ぐきが見えすぎたり、逆に口元が引っ込み過ぎて少し口元が暗い印象を与える事などもあるはずです。
 今、私達は、見た目の綺麗さだけでなく、お鼻で呼吸ができ口を楽に閉じることができること、そしてしっかり噛めて正しくものを呑み込み、できるだけいつも姿勢を正しくし、舌で前歯を押したり、爪を噛んだり等の癖を可及的にしなくなるように指導し正しい機能を身に付けて頂くのに多くの時間を割いています。

 特にお子さんの歯並びを気になされているお母様方の中には、「うちの子は食べるのが遅くていつもお父さんに怒られているんですよ」とか「水やお茶がないとものが呑み込めないんですよ」などこぼされる方がかなり多くなっています。
 噛み合わせが悪い上に鼻がつまって口で呼吸しているのによく噛んでダラダラと食べてはダメと言われてもどうしようもないはずです。
 まずは、正しい機能をできるだけ身に付け、そして綺麗な歯並びと噛み合わせを得ることができれば、健康に寄与し、その結果素敵なスマイルを一生涯持ち続けることが可能になります。また、スマイルはフェイシャルプロポーションを整え、アンチエイジングにも寄与し、そして何より健康的なスマイルは、身体的にもメンタルにもよい影響を与えてくれると私は固く信じております。
 もちろん、スーパースマイルをゲットするためには、患者さん自信の努力が必須ですし、ご家族の協力も欠かせません。私たちも出来うる限りのサポートを致します。
 患者の皆様のよりよい未来にほんの少しでもお手伝いができれば光栄です。

⇑ Top