おぐら矯正歯科

矯正治療の症例

矯正治療を始めたいのだけど、本当に歯が動くんだろうか?とか、どれくらい目立つのだろうかと考えておられる方がたくさんいらっしゃると思います。 そこで、患者さんのご了解を頂き、その方の治療の流れを、矯正治療の通院間隔は月に1回程度ですので歯を動かし終わるまでの過程をご覧頂こうと思っております。 いくら口頭で説明されてもな んとなくピンと来ないところがご理解頂ければ、幸いです。

その前に悪い歯並び・噛みあわせ(歯列不正・不正咬合にはどんな種類があるのかそしてあなたの歯並びはどれにあてはまるのか診てみましょう。

叢生(そうせい)

今最も多いタイプで顎の大きさに較べて歯のサイズが大きく並びきれない状態。3人掛けの椅子に4人座っているような状態です、 理想的には顎の成長がたくさん残っているうちに矯正医や歯科医にご相談されるのが安全かと思われます。

上顎前突

噛みあわせた時に下の前歯に較べ上の前歯が出ている状態。しかし、実際は下顎の前方成長が小さくて上の前歯が相対的に出ている様に見えてしまう症例の方が多く見られます。

下顎前突(反対咬合)

上の前歯より下の前歯の方が噛んだ時に前に出ている状態。この歯並びもどちらかというと上顎の前方成長が小さく下の方が出ている様に見えてしまうパターンの方が多く見られます。

開咬

奥歯が噛んでいるのに上下の前歯の間に空隙がある歯並びで、原因は、舌を前に出す等の癖であることが多い。治療はなるべく早めに行った方が治療後の安定性が高い。

交叉咬合

噛み合わせが途中までは、上の歯並びが下より広く正しい被蓋を呈しているが、部分的に被蓋が逆になり下の歯並びの方が上より外側に噛んでいる状態。 噛み合わせだけでなくお顔にも影響が出やすいので治療はなるべく早めに行った方が治療し易く安定性も高くなります。


他にもいろいろな歯並び・噛みあわせがありますが、代表的なものを挙げてみました。
さてあなたは、どのタイプですか?気になりますか?・・・・・

本来ならもう少し上顎の裏側が広く浅く陥凹しているのが特に上顎が良好に成長している証なのですが、鼻呼吸ができない子供さんが、 半数以上いるといっても過言でない今時の子供さんは、写真の様にまるで手の親指を前歯に向かってめり込ませた様な狭くて深い口蓋になりがちです。